ガラス越しの世界

終わらない夜を目の当たりにして

途方に暮れてみても気づけはしない

 

この涙が乾く頃

朝が来ること

 

ただ、過ぎて行く、いくつもの日々に

取り残されたような気持ちになるなら

 

目をそらさずに

誤魔化さずに

塞いだ心のままで

 

ああ、静かに立ち上がるのもいい

カーテンを開ければ

ガラス越しの世界が

ああ、光と春を思わせて

窓を開ければ

風は吹くだろう

作詞・作曲/うえみずゆうき