心の風車

どれだけ時が過ぎたとしても

一つの思いは消えないと思った

どれだけ世界が崩れ落ちても

一つの思いは消せないと思った

 

あなたの書いた歌が

どこかで泣いている誰かの

涙を止めることができるのかもしれないのだから

 

小さな日々を積み重ねて

羽ばたけるように強くなりたいな

 

あなたの撮った写真が

知らない町の誰かを

希望で満たしているのかもしれないのだから

 

あなたが「あなたであること」を

よく思わない人がいたとしても

挫けることはないさ

 

大切なのは

あなたの優しいその声で

身近な愛する誰かを

笑顔に変えることができるのかもしれないということ

作詞・作曲/うえみずゆうき